オフェブ®のSENSCIS試験について

試験デザイン
SENSCIS試験は、SSc-ILD患者を対象として、オフェブの有効性及び安全性を検証した第Ⅲ相国際共同試験(検証試験)です1,2)
試験方法
試験デザイン
ランダム化、二重盲検、プラセボ対照、並行群間比較試験
実施地域
日本を含む32ヵ国、194施設
目的
全身性強皮症に伴う間質性肺疾患患者におけるオフェブ150mg 1日2回投与の有効性と安全性を検討する。
対象
全身性強皮症に伴う間質性肺疾患の患者580例(日本人71例含む)
方法
対象患者をオフェブ群あるいはプラセボ群に1:1の比率でランダムに割り付け、試験薬を52週間投与し、有効性と安全性を検討した。ATAの陽性又は陰性に基づき層別化してランダム化を行った。用法及び用量として150mg を1日2回投与した。投与期間は最後の患者の投与期間が52週に到達した時点とし、最長100週までとした。有害事象への対応として中断又は100mg 1日2回への減量を可能とした。
選択基準
  1. 文書による同意が得られている
  2. 20歳以上である(日本)
  3. 2013年ACR/EULAR 基準3)を満たす全身性強皮症である
  4. スクリーニング前7年以内に全身性強皮症を発症(最初の非レイノー症状により定義)した(2017年1月プロトコール改訂により、発症からの期間を5年から7年に延長)
  5. 全身性強皮症に伴う間質性肺疾患のパターンがスクリーニング前12ヵ月以内に撮影した(HRCTにより確認されている肺の線維化の程度は、中央判定により評価したHRCT において10%以上である)
  6. ランダム化割り付け時点で%FVCが40%以上である
  7. ランダム化割り付け時点で%DLCO(ヘモグロビンで補正)が30~89%である
主要評価項目
投与52週までのFVCの年間減少率(mL/年)
重要な副次評価項目
投与52週後のmRSSのベースラインからの変化量
投与52週後のSGRQ総スコアのベースラインからの変化量
副次評価項目
投与52週後のFVCのベースラインからの変化量など(mL)
解析計画
主要評価項目には、ランダム係数回帰モデル(ランダム切片・傾き)を用いた。本モデルには治療、ATAの状態(陽性、陰性)及び性別をカテゴリカル変数の固定効果として、また、時間、ベースライン時のFVC、年齢、身長、治療×時間の交互作用及びベースライン値×時間の交互作用を連続変数の固定効果として、患者個別の切片及び時間をランダム効果として含めた。

重要な副次評価項目には、混合効果モデルによる反復測定法(MMRM) を用いた。本モデルには治療、ATAの状態、来院、治療×来院の交互作用をカテゴリカル変数の固定効果として、ベースライン×来院の交互作用を連続変数の固定効果として含めた。投与52週後のFVCのベースラインからの変 化量(mL)には、MMRMを用いた。

プラセボ投与に対するオフェブ150mg 1日2回投与の優越性の検証では、主要評価項目及び2つの重要な副次評価項目において階層手順を用いた。階層仮説検定の順位は、① FVCの年間減少率 ②mRSSのベースラインからの変化量 ③SGRQ総スコアのベースラインからの変化量とした。

主要評価項目について、次の部分集団解析を行うことが事前に規定された。ATAの状態(陽性、陰性)、性別(女性、男性)、年齢(65歳未満、65歳以上)、人種(白人、アジア人、黒人/アフリカ系アメリカ人)、地域(EU、米国・カナダ、アジア、その他)、皮膚硬化の範囲による分類(びまん皮膚硬化型、限局皮膚硬化型)、ベースライン時のミコフェノール酸#, ※の併用(あり、なし)。


# ミコフェノール酸モフェチル/ ナトリウム
※ミコフェノール酸モフェチルは全身性強皮症の適応は未承認、ミコフェノール酸ナトリウムは本邦未承認(2019年12月時点)​
ATA:抗トポイソメラーゼI 抗体
患者背景
患者内訳
試験薬曝露及び投与状況

許容された投与量の減量及び投与中断期間
【文献】
    1. Distler O. et al.: N Engl J Med 2019; 380(26): 2518-2528. 本試験はベーリンガーインゲルハイム社の支援により行われました。
    2. 社内資料 第Ⅲ相国際共同試験(1199.214試験)[承認時評価資料]